2015年02月05日

ある固有結界の話:マイクラ付与期(2015/02/05)

※この物語はフィクションです。ブログ主が最近の話題を路地裏トークのように記していく、増える黒歴史です。生暖かい目でご覧ください。

蒼井夜空(以下、夜)「みろよ、エアリオ。良い物を見つけたぞ!」

【2014/12/12】
2014-12-12-143817.jpg

エアリオ(以下、エ)「これは、スポーンブロックか。」
夜「そう。夢にまで見た。というのは言い過ぎだろうけど、これを活用すればできることが増えるぞ!これはゾンビのスポーンブロックだから、鉄インゴットやニンジンが狙えるな。」
エ「マイクラが未熟なマスターに、使いこなせるかどうか。」
夜「事実だが、さりげなく失礼じゃないか。」

2014-12-13-002854.jpg

夜「とりあえず、落下式トラップタワーにしてみた。着地の時点で、残り体力1.0になる調整」
エ「どうせ、wikiを見ながら作ったんだろ?」
夜「もちろん。ただ、ニコニコ動画の動画ほどゾロゾロ湧かないのが気がかり。使い方が悪いのかな」
エ「PCとVITAで湧く速度が違うのかもな。」
夜「まあ、経験値が手に入れば一緒だ。と、いうわけで」

2014-12-13-125903.jpg

2014-12-13-141520.jpg

夜「使えそうなエンチャントを付与してみた。」
[幸運] ブロック破壊時にドロップするアイテムの上限がアップ
[効率] ツールに対応するブロックの破壊速度がアップ
[耐久] 確率で耐久値減少を防ぐ

2014-12-12-152928.jpg

夜「ちなみに、掘りの進捗は、これくらいだ。」
エ「あまり進んでないな。」
夜「まあ、前のスクショから翌日だしな。昼夜ぶっ通しでやってるわけじゃないし、時間もかかるさ」

つづく
posted by 蒼井夜空 at 00:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

ある固有結界の話:マイクラ積山期(2015/02/03)

※この物語はフィクションです。ブログ主が最近の話題を路地裏トークのように記していく、増える黒歴史です。生暖かい目でご覧ください。

【2014/12/11】
2014-12-11-120328.jpg

蒼井夜空(以下、夜)「ここは雪原とジャングルの境目だからね。悪天候になると面白いものが見られる」
エアリオ(以下、エ)「なるほど。これは興味深い。」
夜「この敷地内で活動する時、各バイオームを活かした作業ができるといいよね。」

2014-12-11-144226.jpg

夜「いやぁ、禿げたなあ。」
エ「見事に禿山。というか、これはもはや山じゃないだろ。岩か。」
夜「結構掘ったようにみえて、まだ面積の半分もこなせてないんだよね。」
エ「半分もいかないのか。」
夜「ブロック数にすると・・・せいぜい、50×30といった所かな。ジャングル部分には手を付けてすらいないよ。」
エ「先は長そうだな。」
夜「そうね。根気の作業だ。」

2014-12-11-193000.jpg

【2014/12/12】
2014-12-12-085053.jpg

夜「採掘面が歪だと不恰好だな」

2014-12-12-085113.jpg

夜「ところでエアリオ。これを見てくれ。これをどう思う?」
エ「なんだこれは。どこかの山を掘ったのか?」
夜「(無視か。)逆。積んだ。」
エ「は?なぜ。」
夜「いや、土が溜まってさ、処理に困ってるんだよ。丸石と違って加工できないし、ワールド作成時にあるものが全てだから捨てにくくってね。某動画で穴埋めのブロック消費がバカにできないことがわかったから、実践してみた。
エ「なるほどな。」
夜「こっちはこっちで、高さ上限までいけると面白いね。」
エ「まあ、そうなったら面白いかもな」

2014-12-12-123612.jpg

夜「木を埋めたら石炭になればいいのに。」
エ「いや、燃料にするなら焼いて木炭にすればいいだろ。」
夜「あ、そうか。」

つづく
posted by 蒼井夜空 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

ある固有結界の話:マイクラ広掘期(2015/02/02)

※この物語はフィクションです。ブログ主が最近の話題を路地裏トークのように記していく、増える黒歴史です。生暖かい目でご覧ください。 【2014/12/11】 2014-12-11-090421.jpg 蒼井夜空(以下、夜)「さて、掘るか。」 エアリオ(以下、エ)「待ってくれアスター。唐突すぎて話についていけない。そもそもここはどこだ。」 夜「ここは北西の雪原バイオームだよ。」 エ「・・・どうしてここに?」 夜「ここに拠点を作る。第三拠点は飽きた。」 エ「いくらなんでも、早すぎるだろ!!」 夜「そんなに早くないよ。過去ログだから一瞬だけど、一応は3週間はあの拠点だったよ。それに、あの拠点じゃあ目標を達成するには不便なんだよね。」 エ「目標を、達成?なんのことだ。」 夜「なあ、エアリオ。私は最近まで地上で暮らしていたけど、その前は地下にいた。それは覚えているか?」 [画像] 2014-11-25-103030 エ「ああ。あの時は紹介してないが、実際はガンマ云々言っていた面積の3倍くらい掘ったていたな。」 夜「そうそう。けどな、地下生活にもいろいろ限界がある。溶岩は流れて危険だわ、太陽が見えなくて時間の感覚がなくなるわ、思い付きで大型建造ができないわ。」 エ「それが、目標とどんな関係がある。そもそも目標は何だ。」 夜「私の目標はな、【100×100ブロックを岩盤まで掘る】だ!!」 エ「きみはつくづくばかだなぁ」 夜「人気漫画のセリフを引用してまでマスターを馬鹿にするなよ」 エ「無謀だろ。」 夜「無謀など、百も承知!たぶん、達成よりも早く飽きる!」 エ「じゃあ、しなくてもいいだろう」 夜「いいじゃん。したくなったんだから!それに、」 2014-12-11-104753.jpg 夜「もう掘ってる」 エ「ずいぶん掘ったなぁ。」 夜「同じ景色ばかりで、既に飽きが始まってるよ。」 エ「・・・まあ、そうだろうさ」 つづく
posted by 蒼井夜空 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。