2015年02月04日

ある固有結界の話:マイクラ積山期(2015/02/03)

※この物語はフィクションです。ブログ主が最近の話題を路地裏トークのように記していく、増える黒歴史です。生暖かい目でご覧ください。

【2014/12/11】
2014-12-11-120328.jpg

蒼井夜空(以下、夜)「ここは雪原とジャングルの境目だからね。悪天候になると面白いものが見られる」
エアリオ(以下、エ)「なるほど。これは興味深い。」
夜「この敷地内で活動する時、各バイオームを活かした作業ができるといいよね。」

2014-12-11-144226.jpg

夜「いやぁ、禿げたなあ。」
エ「見事に禿山。というか、これはもはや山じゃないだろ。岩か。」
夜「結構掘ったようにみえて、まだ面積の半分もこなせてないんだよね。」
エ「半分もいかないのか。」
夜「ブロック数にすると・・・せいぜい、50×30といった所かな。ジャングル部分には手を付けてすらいないよ。」
エ「先は長そうだな。」
夜「そうね。根気の作業だ。」

2014-12-11-193000.jpg

【2014/12/12】
2014-12-12-085053.jpg

夜「採掘面が歪だと不恰好だな」

2014-12-12-085113.jpg

夜「ところでエアリオ。これを見てくれ。これをどう思う?」
エ「なんだこれは。どこかの山を掘ったのか?」
夜「(無視か。)逆。積んだ。」
エ「は?なぜ。」
夜「いや、土が溜まってさ、処理に困ってるんだよ。丸石と違って加工できないし、ワールド作成時にあるものが全てだから捨てにくくってね。某動画で穴埋めのブロック消費がバカにできないことがわかったから、実践してみた。
エ「なるほどな。」
夜「こっちはこっちで、高さ上限までいけると面白いね。」
エ「まあ、そうなったら面白いかもな」

2014-12-12-123612.jpg

夜「木を埋めたら石炭になればいいのに。」
エ「いや、燃料にするなら焼いて木炭にすればいいだろ。」
夜「あ、そうか。」

つづく
posted by 蒼井夜空 at 00:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。